おまとめローンにする時は、より慎重に

消費者金融など数社からお金を借りており、おまとめローンにして借金を1本化したいと考えている方は多いです。しかし、おまとめローンは保証人が必要なのではないかと思っている方もいるでしょう。そこで今回はおまとめローンと保証人について紹介します。
おまとめローンは今ある借金の額だけお金を借りれるイメージですが、実際は保証人不要でも自分が思っているほどの金額を借りることはできません。仮に300万円借金がある人に、さらに300万円貸してよいのかということを考えてください。300万円貸せられる人であれば、今の300万円借りている会社から増額が認められているでしょう。増額が認められないということは、今以上の返済は不可能だと判断されている可能性が高いです。ですから、保証人不要のおまとめローンを申し込んでも、求めている金額は借りれないことが多いです。
しかし、審査に通ったら必ず他の会社から借りているお金を返済して、完済したことをアピールしましょう。そして、保証人不要のおまとめローンをしっかりと返済していれば、増額枠の提案がきます。増額をしたら、再び別の会社の返済を行うようにしましょう。こうすることで、徐々に借金も減り、1社でおまとめすることが可能となるわけです。
おまとめローンを契約して借入を行なう際には、銀行と消費者金融のどちらであっても契約時に条件が付されていることが少なくありません。具体的には、おまとめローン契約条件に他社借入の完済と他のカードローン解約を求められることが一般的です。なぜなら、おまとめローンとして貸付を行なう際には、低金利で貸付が行われているので、債務整理を行われてしまうことを金融業者は警戒します。他社からの借入を無くしておまとめローンを組むわけですから、自社のみに返済を行い管理しやすい状況が望ましいわけです。
おまとめローンを利用中に、契約違反をしてしまうと契約解除をされて一括請求されてしまうことがあります。契約内容に最初から記載されているので、一括請求をされても仕方ないと考えるべきでしょう。おまとめローン契約期間中に他社カードローンを解約する約束にも関わらず、契約を残しておいて再度借入を行った場合などが該当します。借入状況は個人信用情報機関を参照すれば、おまとめローンを行っている金融業者は毎月確認することも可能です。おまとめローン返済状況も個人信用情報機関へ登録をしているので、契約違反時に一括請求されるリスクがあるにも関わらず他社からの借入を行おうとするならば、おまとめローンではなく、一般的な銀行カードローンを利用して借り換えを行なうと良いでしょう。
借り入れ先を選ぶなら→http://www.tramitesnicaragua.org/